若年性アルツハイマー治療方法

11

若年性アルツハイマー型認知症の告知を不安軽減し伝える方法

目安時間:約 5分

doctor-1193318_640

 若年性アルツハイマー型認知症の診断の告知を本人に行うかどうか迷っているご家族の方は多くいらっしゃると思います。

 

まず、はじめに言っておきますが、若年性アルツハイマー型認知症の場合は、本人への告知はできる限り行ったほうが良いと言われています。

その理由は、本人は自分が認知症であるという事を理解できる能力を保っている場合が多く、また、現在所属している仕事やローン、家族の今後について準備をしなければならない事が多くあるからです。

 

かといって、本人に対して告知を行う場合は慎重な配慮が必要になります。

そこで、今回は若年性アルツハイマー型認知症の告知についてお話をしたいと思います。

 

若年性アルツハイマー型認知症の告知が本人に必要な場合

doctor-1228629_640 本人が若年性アルツハイマー型認知症についての告知を受けるかどうか迷うと言う場合には、
「認知症以外の検査を行ったにも関わらず、アルツハイマー型認知症の診断が下りてしまった」場合であると言えます。

 

逆に、本人が認知症かどうかの判断が行われる事を前提に受けるのが物忘れ外来などの認知症の専門検査になります。

物忘れ外来に行くイコール、告知は必ず行われるという事は決まっており、本人もそれなりに覚悟が出来ていますので、告知を行うかどうかで迷うことはありません。

 

ですが、「思わぬ結果」という形で知らされるのが、認知症以外の検査を行ったにも関わらずアルツハイマー型認知症の診断が下りた場合に判断するのは家族だけの問題なのでしょうか?

 

実は、その答えはNOなのです。

 

医師の説明・告知義務

 実は医師には告知など説明義務があります。

①療養指導のための指示説明義務
②検査,入院説得のための説明義務(説得義務)
③自己決定,選択のための説明義務
④身体的侵襲に伴う行為に対する同意を求めるための説明義務
⑤報告義務としての説明義務
⑥転医勧告,転医提示のための説明義務,転医受け入れのための説明義務
⑦治療法が確立していない場合の説明義務
⑧一般的ではない治療法選択にあたっての説明義務

上記の説明義務があります。

 

ですが、全てを医師任せという事では、本人の状況を良く知るご家族には不満が残る結果になる可能性もあります。

 

では、どうすれば本人の為になり、ご家族も不満なく本人に告知を行うことが出来るのでしょうか?その方法をお伝えします。

 

若年性アルツハイマー型認知症の告知を不安軽減し伝える方法

 まず、本人に若年性アルツハイマーについての正しい知識を本人に伝えましょう。

 

現在は完治する薬は無いものの、予防薬は開発されて効果を発揮しています。

 

 

また、認知症の最新治療として脳細胞を再生させるサプリメントも開発が行われています。

 

詳しくは→ こちらをクリック

 

このような最新治療もありますし、薬だけではない認知症進行予防方法も研究が進んでいます。

そして、若年性アルツハイマー型認知症になったとしても「希望」がある事と、今後の生活イメージを行いながら、未来が失われるものだけではなく、得られるものもあるという事を気付かせる必要があります。

 

・仕事を退職するもしくは、新たな職場で活躍を行う。
・新たな趣味をはじめ自分の新たなフィールドで力を発揮する。
・認知症と家族の会といった新しい仲間との出会い。

 

最初は抵抗があるかもしれませんが、新たな可能性について気付き希望を見出してもらうことが重要になるかと思います。

 

また、ご家族のみの告知・説得では本人は聞きたくても聞く耳を持つことができない場合がありますので、まずは医師から告知を行っていただき、その後も継続して医師、看護師、ソーシャルワーカーといった支援者と共に本人と寄り添いながら理解を少しずつ深めていく事が必要となります。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ