若年性アルツハイマー治療方法

11

3.検査予約を取った。

目安時間:約 3分

 男の更年期の症状が乗っているインターネットサイトを確認して以来、自分の体のことがやけに心配になってきた今日この頃。

 

美砂に軽く笑いながら「男の更年期症状に俺結構当てはまってるみたいなんだよね~。受診してみようかな~」

と軽く話を振ってみると、ちょっと真顔で「私もいい病院あれば調べてみるね」と返事をされた。

末吉先輩にも話を振ってみると「いや、早めに言ったほうがいいよ。麻生は頑張りすぎるから、更年期だけじゃなくて違う面で病気があるかもしれないし」という返答。

 

おいおい、軽く受け流して「気のせいだよ」って言ってくれると思っていたが、そのマジな返答に俺は傷ついたというより、怖くなった。

 

俺、自分が思っているより、本当に変になっているんじゃないか?

 

映画であるような、自分であって自分でない。自分が誰かに乗っ取られている・・・?

 

馬鹿な!俺って精神分裂病?なんだ?二重人格?

 

いやいや、疲れているだけだろう。

 

だが、小さな不安も即座に対応するのが俺、麻生進。

 

実はもう、病院に予約している。

 

聞いて驚くなよ。普通の町にある内科とかじゃない。

 

隣町にある最大級の大手病院だ。初診料が紹介状が無いから5千円くらいかかるが、背に腹は変えられない。

そこの素晴らしいところが、ただ単に脳に以上がないか診察を行う神経内科のみではなく、心療内科・精神科も併設されており、スマートに一気に診察が出来るという訳だ。

 

どこぞの心療内科に受診目的で言っている所を会社の人間や取引先の人間に見られたら、俺の信用が一気に落ちる!

世間では、心も風邪をひくことがあるから、心療内科の受診に行っているって聞いても全然普通みたいな風潮があるが、絶対に違う!

絶対に言葉ではそんな言葉を言うが、内心では「あ、もう一線では無理かもね」って思うに決まっている。

そうなれば、今までの俺の苦労は水の泡。ただ単に検査に行ったところを見られただけで水の泡。

 

オーバートラブルウォーター!こぼした水は取り返しがつかないのと同じだ!

 

はー。日記だと変にテンションが上がっても問題なしの助だぜ!

なしの助って何だよ。

 

とりあえず、来週の金曜日は検査だ。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ