若年性アルツハイマー治療方法

11

6.若年性アルツハイマーの長谷川式テスト

目安時間:約 3分

 結局、物忘れ外来の受診の付き添いは美砂にお願いすることにした。

 

検査を行った結果、用心の為に物忘れ外来を勧められたというと、「私が付いて行ってあげようか?」と言ってきてくれた。

 

正直、自分から一緒に来て欲しいというのも気が引けたので助けに船だった。

 

検査は1ヵ月後。

 

 

とりあえず、酒はしばらく控えようかな・・・

何だか気持ちが重たい。

 

いままで健康だったから感じたことが無かったのだが、病気かもしれないという恐怖は、自分が病気になってしまって最悪の場合に進行した事を考えて落ち込むという悪いループにはまり込んでいるのがわかる。

 

世の中には色んな病気があるし、実際に病気にかかっている人もいるわけで、みんなそれぞれの病気と向き合い暮らしているんだと考えると、世の中自分がほとんどを知ったつもりで我が物顔で生きているのだが、全く自分が知らない世界というものは日常に普通にあふれていて、自分は気付けていないだけなのだと思う。

 

何だかセンチメンタルになっているようだ。

 

また、思ったのだが先日受けた検査が気になっていたのだが、問診の内容をインターネットで検索を行うと「長谷川式スケール - 認知症簡易チェックシート」だという事がわかった。

 

合計9問の問題で30点満点のうち、20点以下なら認知症の可能性が高いとの事。

 

自分自身では大きく間違った覚えは無いが、当日のことを思い出して自己採点を行ってみた。

 

・・・25点。

 

ふー。とりあえず認知症じゃない点数なので良かったが、全問正解できていないことがちょっと恐い。

 

緊張していたからかな。

 

そうだよな。とりあえず、明日も仕事だ。早く寝よう。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ