若年性アルツハイマー治療方法

11

プラズマローゲンを九州大学で発見した藤野武彦医師とは?

目安時間:約 2分

kyanbasu

プラズマローゲンを九州大学で発見した藤野武彦医師は一体、どういう方なのか調べましたので紹介いたします。

プラズマローゲンが発見された九州大学とは?

九州大学は、明治36年に開校した福岡医科大学がはじまりです。

その後、農学部、法文学部、理学部が増設された後、旧制福岡高校の久留米工専を吸収した昭和24年に現代の九州大学となりました。

さらに、薬学部が医学部から独立し、歯学部がつくられ、現在では、21世紀プログラムが誕生し、芸術工学部を増設した、九州の中でも最も偏差値が高い由緒ある大学です。

日本に留まらず海外の先進的文化を取り入れており、独自研究を発展させており、「世界の九州大学」を目指す大学組織となっています。

 

九州大学の藤野武彦医師とは?

Dr 藤野武彦医師は、医学博士であり、九州大学名誉教授です。

もちろん、九州大学の医学部を卒業した後、九州大学医学部内科で、心臓や血管系の病気研究を行われていました。

その後、健康科学分野に携わるようになり、その結果、認知症治療薬「プラズマローゲン」の基礎となる「脳疲労」概念を確立されました。

 

脳疲労は、うつ病やメタボリックシンドロームの原因となっている事の医学的根拠を突き詰め、脳疲労を解消するための画期的なBOOCS(脳指向型自己調整システム)理論をつくり上げました。

バックグラウンドがこれほどしっかりとしており、根拠を持って、世界初の証明が行われたプラズマローゲンを体系化した功績は、偉業であると言われています。

 

現在は、レオロジー機能食品研究所所長として、「医食同源」を科学しさらに研究を進めている。

また、子供のアレルギー疾患を解消するために、NPO法人「ブックスサイエンス」を各分野の活動家と共に設立し、多岐の分野で活躍をされています。

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ