若年性アルツハイマー型認知症最先端サプリ

若年性アルツハイマー型認知症の診断を受けて、

これから先、どうすればいいのか不安に押しつぶされ
そうな、あなたの悩みを解決する方法があります。

 

若年性アルツハイマー型認知症は良くはならない

若年性アルツハイマー型認知症と診断されたその日から
「どうやったら、治るんだろう」
と思い、書店や図書館に足を運び、色々な本を読みあさり、

 

インターネットで
「若年性アルツハイマー病 治療」
「若年性アルツハイマー病 治る」
「若年性アルツハイマー病 病院」

と、何度も検索する日々が続き、知識が集まれば集まるほど
ある、答えにたどり着く事になります。

 

その答えは、「アルツハイマー型認知症は治らない」
という、絶望的な回答です。

 

どんなに認知症疾患医療センターで確定診断を受け、
アリセプト(ドネペジル)やメマリー(メマンチン)、
レミニール(ガランタミン)、イクセロン(リバスチグミン)
抑肝散など、若年性アルツハイマー型認知症の進行を
抑える薬があるのですが、それらの薬ができることは

 

「進行抑制」

 

つまり、「回復」させる事はできないという現実を知り、

いつか、自分自身すらわからなくなるまで、毎日少しずつ
認知症が進行していくという不安と恐怖に苛まれている
気持ち、私には痛いくらいわかります。

 

アルツハイマー型認知症の原因を追求すると・・・

アルツハイマー型認知症のメカニズムを、あと一度、詳しく
調べ直そうと思い、私は一から勉強を行いました。

 

すると、アルツハイマー型認知症の原因は
①脳にアミロイドβ蛋白が蓄積される
②正常な神経細胞が壊れ、脳萎縮がおこる
その為、認知機能の低下が起こるとされています。

 

それでは、アルツハイマー型認知症を回復させるには
①アミロイドβ蛋白が蓄積されない方法
②壊れた神経細胞を復活させる

 

上記の事が出来れば、完治するのではないか?と思い、

再度、学習をしていた際に、奇跡と出会ったのです。

 

夢の扉で紹介された「プラズマローゲン」

①アミロイドβ蛋白が蓄積されない方法
②壊れた神経細胞を復活させる

 

その2つのアルツハイマー病回復方法は、TBSテレビ
「夢の扉」で、なんと放送されました!

 

ちょうど、探していた問題の答えが、何とテレビで放送されたのです。

 

この時ばかりは、「運命」というものを信じざるを得ませんでした。

 

ここで、認知症治療に効果がある「プラズマローゲン」は、
アミロイドβ蛋白が蓄積する原因の「脳疲労」のダメージ
の身代わりとなる効果があり、

 

その結果、脳にアミロイドβ蛋白がたまる事が無くなります。

 

また、「プラズマローゲン」は、

失われた脳神経の再生化を実現しています。

つまり、壊れた神経を復活させるという作用を持つ、まさに夢のような治療方法でした。

 

プラズマローゲンは信じられるの?

プラズマローゲンを医学的に立証したのは、九州大学
藤野武彦名誉教授率いる研究チームですので、どこぞの健康
食品のような信ぴょう性が無いものではありません。

 

詳しくは動画を確認ください

 

実験効果は、1か月で多数の患者に変化が現われ、
3か月後には医師評価と、介護者からの評価で
試験参加者の60%に顕著な改善が見られました。

 

また、現在飲んでいる認知症薬との併用も可能であり、
副作用は今のところありません。

 

これまで認知症は治らないと諦めていた人生が好転し、
前向きに未来を信じられるという奇跡の感想も受けています。

 

ここまでくると、医薬品の処方が必要になり高額になっている
のかと、不安になりましたが、一般販売される事となり、
多くの方が、若年性アルツハイマー型認知症の改善方法として
選択されています。

 

私自身、若年性アルツハイマー型認知症の方の相談に乗る場合、

これまでサプリメントの紹介希望があっても紹介はお断りしていましたが、

根拠あるプラズマローゲンだけは自信を持って紹介しています。

まだ、若年性アルツハイマー型認知症の方で、プラズマローゲンを
知らない方は、本来の人生を取り戻すために試してみることをおすすめします。

 

 

<プラズマローゲンの購入先>


購入はこちらからどうぞ →プラズマローゲン

 

 

 

 

物忘れが若いのにひどい!具体的な4つの病気と対策方法

目安時間:約 7分
geralt / Pixabay

 20代や30代といった若い年齢なのに物忘れが自分で自覚できるほどひどい時って不安になりますよね。

 

・何か脳に障害があるんじゃないか

・もしかして自分は adhd なんじゃないか

・若年性の認知症にかかってしまったんじゃないのか

 

そのような不安がつきまとってしまい、ぼんやりとした暗い気持ちで毎日を過ごしている方も多くいます。

 

今回は若いのに物忘れがひどい時に、かかってしまったかも知れない可能性がある病気名と対策方法をお伝えします。

 この記事の続きを読む   


マインド食でアルツハイマー予防!ためしてガッテンまとめ

目安時間:約 4分

 2017年5月17日(水)午後7時30分のためしてガッテンでは「これが世界最先端!認知症予防SP」が放送されました。

 

その中でも「マインド食」という認知症予防について効果的な食べ物が明らかになったという事ですよね?

 

今回はアルツハイマー型認知症予防に効果がある「マインド食」についてまとめてみましたのでご確認ください♪

 

マインド食とは?

 2015年にアメリカのラッシュ大学医療センターがアルツハイマー病を予防する食事法「マインド食」を発表しました。

 

 積極的に摂ることを推奨する食材を10項目、控えた方が良い食材5項目に分けて約1000人の高齢者を5年間追跡し、アルツハイマー病の発症率を研究した結果「マインド食」が導き出されました。

 

マインド食を食べた方は、控えた方がいいといわれている食べ物を食べた人に比べ、アルツハイマー型認知症にかかる確率が53%も低くなる!という衝撃の事実が明らかになりました。

 

マインド食まとめ

積極的に摂ると良い食材
 食品名  摂取目安
 緑黄色野菜  週6日以上
 その他の野菜  1日1回以上
 ナッツ類  週5回以上
 ベリー類  週2回以上
 豆類  週3回以上
 全粒穀物  1日に3回以上
 魚  なるべく多く
 鶏肉  週2回以上
 オリーブオイル  優先して使う
 ワイン  1日グラス1杯まで

 

控えた方が良い食材
食品名 摂取目安
赤身の肉 週4回以下
バター なるべく少なく
チーズ 週1回以下
お菓子 週5回以下
ファストフード 週1回以下

 

日本人への効果は研究中

 「マインド食」の効果検証ができたのはつい最近のことで、日本で効果がどれだけあるのかはまだ研究中です。

 

ですが、欧米に比べ日本人の食文化は塩分を多く摂取する傾向にあり、その結果脳血管の働きを阻害しアルツハイマー型認知症になりやすくなる可能性が高いと考えられています。

 

ためしてガッテンの見解では、マインド食と共に減塩生活を送られることをお勧めされていました。

 

管理人考察

 かなり期待して「マインド食」を見ていたんですが、かなりアバウトな食べ物の内容や量での発表でしたね。

 

週○回以下というのが、その1日に1回なのか3回なのか不明です。

さらに、お菓子が週5回以下、ファストフード週1回以下。。。

 

あくまでアメリカでは信ぴょう性のあるものでしょうが、日本では・・・

という感じですね。

 

日本では、九州大学の藤野先生が監修されてアルツハイマーに効果があると認められたホタテ由来のプラズマローゲンがありますし、生活習慣は地中海食が効果的だと日本では言われているので、私個人としては「マインド食」は参考程度にされることをお勧めします。

 

マインド食よりも効果がある食事は→ こちら


若年性アルツハイマーになりやすい人の3つの特徴

目安時間:約 5分
6a0208c9682cf0ac854c2b249f42ebf0_s

 若年性アルツハイマー型認知症になりやすい人ってどういう人だと思いますか?

 

元々物覚えが悪い人?それとも、頭が良すぎて脳を使いすぎてしまった人?などが考えられます。

 

ですが、正直な所、若年性アルツハイマー型認知症という病にかかる原因というものはわかっていません。

 

え?脳が萎縮するからでしょ?と言われるかもしれませんが、それはあくまで「結果」です。

 

「脳が萎縮=脳の機能が働かなくなる=認知症になる」

という内容になるのですが、どうして脳が萎縮するのかは解明されていません。

 

ですが、どのような人が若年性アルツハイマー型認知症になりやすいのかは、ある程度わかってきています。

 

本日は、若年性アルツハイマーになりやすい人の3つの特徴についてお話させて頂きたいと思います。

 

若年性アルツハイマーになりやすい人の3つの特徴

①親や親戚がアルツハイマー型認知症にかかった事がある人

 

 こちらは以前もお伝えしたのですが、若年性アルツハイマー型認知症は遺伝が原因というものが一番多く見られています。

※詳細は→ こちらをクリック

 

 ですが、アルツハイマー型認知症のかかった親や親戚がいるから、自分が絶対にアルツハイマーになるという訳ではありません。

あくまで統計上では親がアルツハイマー型認知症の場合でも1割程度しか子供に遺伝はしないというデータも出ています。

 

もし、あなたの身内にアルツハイマー型認知症の親や親族がいる場合には、自分でもの忘れを自覚した時には速やかに病院で診断をうけるなどの予防策を取りましょう。

 

②ストレスで脳疲労を起こしている人

 脳疲労という言葉をご存知でしょうか?現代はインターネットやスマートフォン等常に脳を刺激される環境に置かれており、四六時中、寝ている間すら脳が敏感になっている時代です。

 

また、人間関係のストレスや過度な運動を行った場合にも脳疲労は起き、心身病の原因であるとも言われています。

 

その脳疲労が蓄積すると、心身のいたるところに不調が現れ始め、様々な病気を引き起こす原因となっています。

 

精神疾患のうつ病にかかる場合もあれば、認知症であるアルツハイマー型認知症を引き起こす原因にもなっていると言われています。

 

もし、ご自信で神経過敏で、脳が疲れている、何もしていないのに慢性的に疲労が溜まっている、などの症状があったら、充分に休養する時間を取るようにしましょう。

 

③糖尿病予備軍や悪い生活習慣を送っている方

 糖尿病にかかると、アルツハイマー型認知症を併発するリスクが倍以上高まるという統計が出ているのはご存知ですか?

 

アルツハイマー型認知症と糖尿病の病気のメカニズムは相乗的にみられており、切って切り離せない病気の関係となっています。

 

もしあなたが若くして糖尿病予備軍になっている場合には、早めに悪い生活習慣を断ち切るよう努力をするべきです。

 

飲酒、喫煙、乱れた食習慣、不規則なライフサイクルといった、体に自らムチを振るうような生活を送っていては、思わぬほど早いうちに若年性アルツハイマーを発症してしまうかもしれません。

 

おわりに

 いかがだったでしょうか?若年性アルツハイマー型認知症になりやすい人の3つの特徴は理解していただけましたか?

 

まとめると「遺伝・脳疲労・糖尿病」というキーワードがあれば、特に日常生活に気をつけたほうが良いという事がわかっていただけたかと思います。

 

普段の生活習慣をおろそかにせず、ご自身を大切にして人生を歩まれることをお祈りしています。

 

 


若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ