若年性アルツハイマー型認知症最先端サプリ

若年性アルツハイマー型認知症の診断を受けて、

これから先、どうすればいいのか不安に押しつぶされ
そうな、あなたの悩みを解決する方法があります。

 

若年性アルツハイマー型認知症は良くはならない

若年性アルツハイマー型認知症と診断されたその日から
「どうやったら、治るんだろう」
と思い、書店や図書館に足を運び、色々な本を読みあさり、

 

インターネットで
「若年性アルツハイマー病 治療」
「若年性アルツハイマー病 治る」
「若年性アルツハイマー病 病院」

と、何度も検索する日々が続き、知識が集まれば集まるほど
ある、答えにたどり着く事になります。

 

その答えは、「アルツハイマー型認知症は治らない」
という、絶望的な回答です。

 

どんなに認知症疾患医療センターで確定診断を受け、
アリセプト(ドネペジル)やメマリー(メマンチン)、
レミニール(ガランタミン)、イクセロン(リバスチグミン)
抑肝散など、若年性アルツハイマー型認知症の進行を
抑える薬があるのですが、それらの薬ができることは

 

「進行抑制」

 

つまり、「回復」させる事はできないという現実を知り、

いつか、自分自身すらわからなくなるまで、毎日少しずつ
認知症が進行していくという不安と恐怖に苛まれている
気持ち、私には痛いくらいわかります。

 

アルツハイマー型認知症の原因を追求すると・・・

アルツハイマー型認知症のメカニズムを、あと一度、詳しく
調べ直そうと思い、私は一から勉強を行いました。

 

すると、アルツハイマー型認知症の原因は
①脳にアミロイドβ蛋白が蓄積される
②正常な神経細胞が壊れ、脳萎縮がおこる
その為、認知機能の低下が起こるとされています。

 

それでは、アルツハイマー型認知症を回復させるには
①アミロイドβ蛋白が蓄積されない方法
②壊れた神経細胞を復活させる

 

上記の事が出来れば、完治するのではないか?と思い、

再度、学習をしていた際に、奇跡と出会ったのです。

 

夢の扉で紹介された「プラズマローゲン」

①アミロイドβ蛋白が蓄積されない方法
②壊れた神経細胞を復活させる

 

その2つのアルツハイマー病回復方法は、TBSテレビ
「夢の扉」で、なんと放送されました!

 

ちょうど、探していた問題の答えが、何とテレビで放送されたのです。

 

この時ばかりは、「運命」というものを信じざるを得ませんでした。

 

ここで、認知症治療に効果がある「プラズマローゲン」は、
アミロイドβ蛋白が蓄積する原因の「脳疲労」のダメージ
の身代わりとなる効果があり、

 

その結果、脳にアミロイドβ蛋白がたまる事が無くなります。

 

また、「プラズマローゲン」は、

失われた脳神経の再生化を実現しています。

つまり、壊れた神経を復活させるという作用を持つ、まさに夢のような治療方法でした。

 

プラズマローゲンは信じられるの?

プラズマローゲンを医学的に立証したのは、九州大学
藤野武彦名誉教授率いる研究チームですので、どこぞの健康
食品のような信ぴょう性が無いものではありません。

 

詳しくは動画を確認ください

 

実験効果は、1か月で多数の患者に変化が現われ、
3か月後には医師評価と、介護者からの評価で
試験参加者の60%に顕著な改善が見られました。

 

また、現在飲んでいる認知症薬との併用も可能であり、
副作用は今のところありません。

 

これまで認知症は治らないと諦めていた人生が好転し、
前向きに未来を信じられるという奇跡の感想も受けています。

 

ここまでくると、医薬品の処方が必要になり高額になっている
のかと、不安になりましたが、一般販売される事となり、
多くの方が、若年性アルツハイマー型認知症の改善方法として
選択されています。

 

私自身、若年性アルツハイマー型認知症の方の相談に乗る場合、

これまでサプリメントの紹介希望があっても紹介はお断りしていましたが、

根拠あるプラズマローゲンだけは自信を持って紹介しています。

まだ、若年性アルツハイマー型認知症の方で、プラズマローゲンを
知らない方は、本来の人生を取り戻すために試してみることをおすすめします。

 

 

<プラズマローゲンの購入先>


購入はこちらからどうぞ →プラズマローゲン

 

 

 

 

若年性アルツハイマー型認知症で運転できる?免許返納と2017年3月の道交法改正

目安時間:約 7分

 若年性アルツハイマー型認知症の方で運転を行なっているのは危険です。

ズバリ最初に結論を言いますが、運転は出来ません。

 

今回は、若年性アルツハイマー型認知症の方が運転できない理由と免許返納の必要性と2017年3月の道交法改正についてお話をしたいと思います。

 

【若年性アルツハイマー型認知症の方が運転できない理由】

 毎日のように認知症が疑われる高齢者が事故を起こし、自分のみならず同乗者もしくは、全く知らない赤の他人を事故に巻き込むという報道が行なわれています。

私自身も高齢者が道路を時速10kmくらいで運転していて、左側に曲がるカーブも無いのにいきなりウィンカーを出して建物に向かって左折するという風景をここ1年で2回も見ました。

 

そこで、国は認知機能が低下した高齢者の事故を防ぐ為に、2017年3月に道交法の改正を行います。

改正点は以下の通りとなります。

NINTIUNTEN

要約すると・・・

 

<平成29年3月12日>
・臨時認知機能検査を新設
 →75歳以上の高齢者が認知機能低下した時に起こしやすい違反行為をしたときには「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。
・臨時高齢者講習を新設
→臨時認知機能検査を受けた結果、認知機能の低下が運転に影響されると判断された高齢者は「臨時高齢者講習」(個別指導と実車指導)を受けなければなりません。

・臨時適性検査制度の見直し
→更新時もしくは臨時認知機能検査で認知症の疑いがある場合には、必ず医師による「臨時適性検査」を受け、診断書を提出しなければなりません。

・高齢者講習の合理化・高度化
→高齢者講習で認知機能の低下が見られない方は講習が2時間に短縮。その他の方は3時間講習となる。

 

このような改正変更があっていますが、若年性のアルツハイマー型認知症の方は運転ができるのかと言われれば、残念ながら「NO」というのが答えです。

 

【若年性アルツハイマー型認知症の方が運転できない根拠】

 若年性アルツハイマー型認知症の方が運転できない根拠は「道路交通法103条1項」にあります。

 

道路交通法103条1項

後見類型と保佐類型の開始が決定されると、本人の権利が制限される場合がある(欠格事由:官職につく能力を有しないなど)
運転免許については、後見類型と保佐類型の開始決定に関係なく、認知症であると判明したときには、免許は取り消し、停止される。

 つまり、認知症と判明した時には免許は取り消しもしくは停止されることが明示されています。

 

以上の点から若年性であっても、運転を継続することは法律的に出来ない状況となっています。

 

もし、未だに認知症の診断が付いていない場合でも、疑いがある場合(自覚している場合もしくは他者から指摘された場合)には、医師へ診断を仰ぐことが必要になります。

なお、地域の個人病院では認知症に関する知識にバラつきがあり、的確な診断を行う事ができない医師もいますので、認知症疾患医療センターなど、認知症に関する専門知識を持った医療機関で診断を行なう事が大切になります。

 

【若年性アルツハイマー型認知症と診断された方が運転について行なうべき3つのこと】

1.きちんとした診断を受ける

 こちらは、上記でも述べましたが、きちんとした診断を受けるようにしましょう。

認知症に関する知識がない医師から、簡易チェック(長谷川式など)のみで安易に認知症の診断をつけられるという可能性も少なからずあります。

 

若年性のアルツハイマーと、抑うつ状態で一時的に認知機能が低下している場合には同じような症状が見られる場合があります。

もし、一時的な抑うつ状態であり、本来なら運転が可能であったのに「認知症」の烙印が押されることで一生運転ができなくなるというリスクは絶対に避けなければなりません。

 

以上の点から、確実に自分が正しい診断を受ける必要があります。

 

2.運転の代替手段を確保する

 若年性アルツハイマー型認知症の診断が下りた場合に考えるべき事は、運転の代替手段を確保することです。

 

運転ができなくなることへのデメリットをまず書き出すようにします。そして、そのデメリットを解消する方法を考えます。

例を挙げると、運転ができなくなることへのデメリット「買物が不自由になる・沢山の買物が難しくなる」という場合、

解消する方法は「インターネットショッピングを活用する・宅配サービスを利用する」などになります。

 

このように連想ゲームのように書き出すようにしてください。

 

出来る限り自分ひとりで書き出すよりも、市町村の障がい福祉課担当者もしくは40歳以上なら地域包括支援センターといった専門職の支援を受けると良いかと思います

 

3.車を処分する

 運転の代替手段がある程度決まると同時に進めなくてはならないのは車の処分です。

 

車の処分にはお金がかかる・・・と考えてしまいがちですが逆にお金をもらえながら処分が出来る方法があります。

 

それは車の一括無料査定を受けて、車を売却するという方法です。

 

一社だけですと、業者に足元を見られて安く買い叩かれる場合もあるので一括見積もりがおすすめです。

 

今はインターネットで数分で見積もりが出来る時代です。今後の生活の足しになるよう適正な一括査定を受けるほうが良いでしょう。

 

インターネットで信頼できる車の査定サイトNO1は「楽天の無料査定サービス」です。

→ 楽天の愛車一括査定!

 

もし、楽天の無料査定サービスの範囲外にお住まいの場合には、全国対応しているJADRI公式「一括査定.com」がおすすめです。

定期的に現金10万円プレゼントなどのキャンペーンを開催しているので、良心的かな、と思います。

→ 【JADRI公式】一括査定.com

 

ご自身の若年性アルツハイマー型認知症の進行に不安は在るかと思います。

出来る限り将来に起こりうるリスクを早期のうちに解決する事が、日々の安心の土台となります。

 

もし、自分が認知症なんじゃないか?と不安な場合には早めの診断をおすすめします。

 


若年性アルツハイマー障害年金額とやさしい手続き方法

目安時間:約 5分
syougainenkin

 若年性アルツハイマー型認知症になれば、病気の進行に備えるための医療以上に背に腹を変えられないものとして、「お金」の問題があります。

 

就労ができなくなった場合に生活保護以外の手段として活用できるのが「障害年金」の申請となります。

 

今回は、障害年金はいくらもらえるのか、また、受け取るための手続き方法とやさしく行えるための方法のポイントをお伝えします。

 

若年性アルツハイマー型認知症の障害年金をもらう資格は?

 障害年金をもらえるようになるには「障害認定」が必要になります。

 

障害認定は1~3級になっており、

 

1級が最も重たい状態で、高度の認知障害がある方かつ常時援助が必要な方が対象になっています。

2級では、認知障害が著明で日常生活が著しい制限を受ける方

3級では、認知障害があるものの、労働が著しい制限を受けるものとなっています。

 

この中で、少しややこしいのですが、障害に関する年金制度は2つ分かれており「障害基礎年金」「障害厚生年金」に分けられています。

 

障害基礎年金と障害厚生年金はいくらもらえるのか?

障害基礎年金  
1級  780,100円×1.25+子の加算
2級    780,100円+子の加算
3級  なし 

 

障害厚生年金
1級 (報酬比例の年金額) × 1.25 + 〔配偶者の加給年金額(224,500円)〕
2級 (報酬比例の年金額) + 〔配偶者の加給年金額(224,500円)〕
3級 (報酬比例の年金額)
       ※(報酬比例の年金額) の最低保障額は585,100円

 

平成28年度ではこのような計算式になっています。

 

また、ご自身の障害年金・障害厚生年金を計算できるサイトがありましたので紹介いたします。
→ こちらをクリック 

 

若年性アルツハイマーの方の障害年金申請をかんたんにする方法

 ご家族など支援者がいる場合には、お手伝いしてもらえることが出来るかと思いますが、家族が行うのも大変骨が折れる作業です。

まして、アルツハイマー型認知症にかかっている本人一人で手続きを行うことは非常に困難ですので、この場合には専門家へ支援を手伝ってもらう事が、もっとも簡単な方法となります。

 

私がおすすめする支援者は下記の通りです。

1.病院のソーシャルワーカー
2.市町村の障害福祉担当者
3.社会保険労務士

 

上記1の病院のソーシャルワーカーが代行で行ってくれる場合もしくは、2の市町村の障害福祉担当者が代行してくれる可能性が高いと言えます。

 

普通なら、このまま任せれば、障害認定が下り、年金支給につながると思います。

 

ですが、正直なところ、業務多忙であるもしくは、何かわからないのですが「障害申請をあまり望ましく思わない担当者」という方も本当に少ないのですが、います

(本当になぜかわかりません・・・)

 

そのような場合や、担当者があまりにもぞんざいな対応をされる場合には、社会保険手続きのプロである社会保険労務士に頼んだほうが早期に支給を受けられる、自分が適正と思われる障害認定が下りる場合が多いです。

 

障害認定といえども、あくまで人が仲介して申請を行うので、全部が100%同じ基準で認定が下りるわけではないと思います。
(いや、ちゃんと認定の基準は国が一律でして要るのですが、その基準を記入するのはあくまで人間なんですよね)

 

もし、認定結果に不服がある場合には「再審査請求」もあるのですが、この再審査請求を行ってから結果が出るまでは約8ヶ月ほどかかりますし、何よりその間の生活が金銭面でも精神面でも不安になるのは、一番避けたいことかと思います。

 

国の統計では、再審査請求数は平成26年度受付分が2,163件、平成27年度受付分が2,149件となっており、多い数字になっています。それだけ、不服を感じる認定結果を受けた方が多いのが現実なんです。

 

以上の点を踏まえ、もしもご自身の手続きを代理で行う方に疑問符が出る場合には専門家に相談することをおすすめします。
(もちろん、実績があり誠実な対応をされる方限定にしてくださいね)


もの忘れ外来受診2回目

目安時間:約 3分

 もの忘れ外来受診から1週間がたった後、再びセントラル病院に2回目の検査に美砂と出向いた。

 

今日は、CTやMRIといった機器を使った検査が行われた。

 

何だか、こんな検査を行うと、逆に放射線が身体に入るので病気になりそうな気がするのは、俺だけじゃないはずだ。

 

 

美砂はとりわけ普通と変わりなく付き添ってくれていたが、心のどっかでは不安なんだろうなと思う。

 

だけど、俺も普通にしているつもりだが

「大丈夫よ、用心のための検査だから、ファイト」

と優しく声をかけてくれる。

 

やっぱり、俺の選んだ目に間違いは無かった。

 

 

この検査も終わって、結果が以上なしだったら、早く結婚に向けて準備をしなければいけないと思う。

 

こういう、逆境が二人の愛を試す(何だか大げさに愛なんて言葉を使うが、愛という言葉はアリかなとも思う)

 

その後は、記憶検査のようなものを行った。

 

長谷川式というやつだ。

 

これは既にチェック済みだったが、緊張のせいから全問正解はできていなさそうだった。

 

 

最期に先生と少し話をして、いよいよ次回は結果発表が行われるとの事。

 

 

早くこの不安を解消して欲しいなと思う。

 

 

あれから色々と自分なりにネットで調べていたのだが、20代からでも認知症になる可能性はあるという。

 

可能性は低いらしいが、若ければ若いほど認知症にかかってしまうと進行が早い不治の病。

 

なんでこんな心配を俺がしなければいけないんだ。

 

 

最近は、ストレスが溜まっているのか、嫌味な中川課長から文句を言われる事も増えてきた。

 

理由は、取引先との待ち合わせ時間に立て続けに2回遅れていったことが原因だ。

 

 

これは、俺に非があるのは間違いは無い。

 

 

もの忘れとかじゃなく、始めていく場所だったので、ある程度場所を下調べしていたが、思ったようにたどり着くまでに時間がかかったのだった。

 

スマホの調子も悪いし、前みたいに動いてくれない気がする。

 

スマホも交換しなければいけないのか。

出費が重なるし、仕事のミスから、部署のムードも少し暗くなってきているようだ。

 

気を取り直して、流れを変えなきゃいけない。

 

 

そう、俺はもうすぐ結婚して「大黒柱」になるのだから。


若年性アルツハイマー治療方法

11

1 3 4 5 6 7 16

ページの先頭へ