若年性アルツハイマー治療方法

11

若年性アルツハイマー20代で発症するのか?予防と治療方法紹介

目安時間:約 4分

zyaku1

若年性アルツハイマーは20代で発症する可能性があるのかという問いについては
「YES」
という答えになります。

 

厚生労働省が「年齢階層別で見た人口10万人あたりの若年性認知症の有病率」という調査を行った結果が以下の通りとなります。

zyaku1

人口10万人当たり有病率で言うと、20-24歳と25-29歳の総数を足すと10.9人となります。

つまり、人口10万人あたり認知症の方は10.9人いるという事になります。
また、上記の数字は「認知症」という病をひとくくりにしており、
その内訳は以下の通りとなります。

zyaku2

 

上記の統計から見ると、認知症の10.9人のうち、若年性アルツハイマーに
なる可能性は25.4%となるので2.76人となります。

 

つまり、人口10万人いる場合、純粋に若年性アルツハイマーになる可能性
があるのは、2.76人になるといえます。

 

都道府県で例を挙げるなら・・・

東京都 1,362万人のうち、約376人が若年性アルツハイマー認知症

にかかっているという事になります。

 

この数字、意外と多いと思いませんか?

 

若年性アルツハイマー型認知症の予防

アルツハイマー型認知症と大きな関わりがあるといわれるのが
アミロイドβタンパクと言われています。

 

このアミロイドβタンパクが増える結果、脳の神経細胞が死滅し脳が萎縮した結果、アルツハイマー病となります。

 

その原因であるアミロイドβタンパクの生成と大きく関わりがあるのが、「糖」と言われています。

 

なんと、糖尿病に罹っている方は、アルツハイマー型認知症になる可能性が2~4倍高いといわれています。

そこで、現在のアルツハイマー病の研究関係者は過剰な糖の摂取が若年性アルツハイマー型認知症のリスクが高いとされています。

 

以上の点から、お米やパン、麺など高い糖質が含まれている食事は避ける事をおススメします。

 

20代若年性アルツハイマー型認知症の治療方法

20代でアルツハイマー病に罹ったかもしれない・・・
と不安になった際に一番のネックというものは、病院にいく勇気が持てないことにあると思います。

 

その原因は、自分ではアルツハイマー型認知症かもしれないけど、
本当は違うかもしれない。

本当は違って欲しいけど、どうもアルツハイマー病かもしれない・・・。
明日になれば、また頭の調子もよくなるかもしれないし・・・。

 

という堂々巡りを繰り返し、アルツハイマーが進行していくという事になりかねません。

このような悪循環を断ち切るには、自分自身でアルツハイマーかどうか
チェックしてみることをおススメします。

 

以前お伝えしたMMSEテスト → 詳しくはこちらをクリック
こちらがご自身できればいいのですが、一人ではできません。

そこで、新たに自宅で気軽にできる認知症診断が開発されました。




運営会社は株式会社エス・エム・エスという高齢者サイトの最王手が作成されているので、ご安心して利用する事ができますし、確実な判定を自宅で受けることができます。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ