若年性アルツハイマー治療方法

11

プラズマローゲンは鶏肉で摂れないのか?

目安時間:約 3分

purazumaitiran

プラズマローゲンについて調べていくと、鶏肉にも含まれているという情報を得られたと思います。

そこで、今回はプラズマローゲンは鶏肉から摂取し認知症予防ができるのか、考察をお伝えしたいと思います。

プラズマローゲンは鶏肉以外にも含まれている食材がある

実は、プラズマローゲンはホタテや鶏以外にも、様々な食材に含まれています。

牛肉、豚肉から、サンマやイワシなどの魚類からはもちろんの事、えんどう豆などの豆類にも含まれています。

それでは、どれくらいの量が食材に含まれているのでしょうか?

 

実は、プラズマローゲンがどれだけ含まれているのか、検証されています。

purazumaitiran

出典:食品中のプラズマローゲン含量について/黒田憲彰・根岸孝

 いかがでしょうか?

プラズマローゲンは鶏肉に限ったわけでなく、むしろ、牛肉や豚肉の方が多く含まれていることに驚きを感じたのではないでしょうか?

 

実は、プラズマローゲンと鶏肉の関係が表立っている理由は、当初、プラズマローゲンを抽出する元が鶏肉だったということが理由となっています。

その後、ホタテを元にプラズマローゲンを抽出していくのですが、なぜ「ホタテ」に移行したのでしょうか?

 

その経緯をお伝えしたいと思います。

プラズマローゲンをホタテから抽出する理由

 プラズマローゲンをホタテから抽出する理由は4つあります。

①効果の高い高純度のプラズマローゲンを抽出・精製できる

②アレルギー反応が少ない

③DHA、EPAという不飽和脂肪酸が脳の炎症を抑える

④抽出が簡単で、大量生産が可能である

 以上の点から、ホタテのプラズマローゲンは、他の食材よりも脳への取り込みがよく、効果が早く出て、かつ、多くの方がその恩恵を受けることができます。

以上の点から、鶏肉ではなく、ホタテからプラズマローゲンが取られ、大量生産され、一般の方でも利用できるようになったのです。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

若年性アルツハイマー治療方法

11

ページの先頭へ